Koya is now closed but Koya Bar remains

Noodle Saves Planet!

This is a modern Japanese proverb. You will understand the meaning of it, if you come to know how much the Japanese love this food and how special the noodle is for the nation. Their love and affection toward this food is endless.

From the late 90s, Udon has become extremely popular, which all started with the discovery of Udon from a region called Sanuki on a remote island in Japan. People of Sanuki have developed a particular Udon culture and enriched an original method of making Udon. Sanuki Udon is now known as the most refined Udon noodle.

The heart of Sanuki Udon lies in its simplicity. Light, but profoundly deep. Sanuki people often eat freshly cooked Udon noodle with only a drop of soy sauce. It is this simplicity, which demands intrigue and endless attention for these noodles.

Coupling the simple, healthy and traditional Sanuki Udon with the elegant broth (Dashi), combined with a dash of originality, is a small Udon restaurant in the heart to London, and it is called KOYA.

麺は地球を救う

この言葉は日本でよく聞く言い回し。日本人がいかに麺好きで、日本国民にとって麺がいかに特別なものであるかを知れば、その意味も自ずと理解することができるでしょう。限りなく麺を愛する、それが日本人なのです。

90年代以降、讃岐うどんが全国的に知られるようになり、日本におけるうどんの人気は急上昇しました。“もっとも洗練されたうどん”として知られる讃岐うどん。そんなうどんを誇る香川県では独自の製麺方法が生み出され、ほかには例を見ない特殊なうどん文化が発達しています。

讃岐うどん、その醍醐味は素朴さにあります。あっさりとして軽く、しかしながら底が知れない深い味。例えば香川県の地元ではできたばかりのうどんを生醤油だけで食べたりもします。このシンプルさこそが人々を讃岐うどんに引きつける理由なのです。

シンプルでヘルシーな伝統的讃岐うどんに、気品のある出汁を加え、さらにアクセントとなるオリジナリティーをひと振り!私達はロンドンの中心に小さなうどん屋をオープンいたします。店名はそんな讃岐うどん本来の心を受け継いで『小屋』と名付けました。